SNSの危険性などを教えるべき

学校の先生って本当に大変ですよね。
教壇の前にいる授業中の男性教師を男子高校生がけりを入れる。
そんな動画が出て、学校側が謝罪してましたね。
でもそれって謝罪の意味はあるのか?
教師が暴行を受けているのに他の生徒が笑っているなど、道徳教育がなっていなかったとか?
授業が成立していないのが問題とか?
学校は暴行を加えたのが教師なら謝罪、逆でも謝罪。
何かがあったら謝罪するのが学校ならば、それはなんでもかんでも隠ぺいしようと思うでしょうね。
この事件で学校側が謝罪するべきことは、動画を撮影してインターネットに投稿したことかな。
撮った人とは違う人が投稿したらしいけれど、簡単に動画を撮って人に見せてしまうのも問題。
SNSの危険性などを教えるべきです。

食文化の違い

食文化の違いで話題になるのは、ヌードルハラスメントですかね。
そばやラーメンをズルズルと音を立てて食べるのは、国によっては下品に見えるそうです。
まあ、いい音ではないですね。
子供の頃からそんなこは気にせず食べていたので、指摘を聞くまで知りませんでした。
ワインのテイスティングで、ぐちゅぐちゅっとさせるのは汚いなと思うのでそれみたいなものですかね。
その音を消す高性能マイクホークはすすり音を感知すると専用のアプリから心地よい音が流れるってテレビでしてましたが。
ぜんぜん心地よい音じゃないよ!
それにホークが太いしデカいし馬鹿みたい。
14800円もして誰が買うのかと思ったら予約が5000に達した時のみ販売という保険付きでした。

外国人の顔の判別

外国人の顔の判別は難しいですね。
猫とのふれあいを描いた映画の宣伝に、映画に出演した猫とともに外国人の人が何度かテレビに出ています。
テレビのCMにも映画の映像と一緒に出演しています。
自分はてっきり、その男の人が主人公かと思いました。
でも映画の映像とかポスターで見る限りだともっと痩せているし、顔もかっこいいような気がします。
写真と映像は違うことが多々ある世界ですけど、両方映像ですからね。
不思議だなとは思いましたがとくに調べたりはしませんでした。
しかし今回、日本に来日もしていたその人物は原作者ということが分かりました。
映画に出ているのは俳優さんだったんですね。
そりゃそうですよね。
ちょっと考えればわかりそうなことなのに似ているなと思ってしまい惑わされました。

メロディよりも歌詞入り

朝起きるのに目覚まし時計をセットしますが、アラーム音は良くないそうですよ。
メロディだけの曲よりもボーカル入りの曲は歌詞が入っているので良い!
日本語だと言葉の意味をとらえようとするので目が覚めるんですって。
脳が動き出すので寝起きがすっきりするという効果があるのであれば、寝起きに問題がある人にはおすすめですね。
曲のジャンルとしてはロックの方が刺激があるそうな。
確かに激しい音楽と激しい歌詞?は好きな人にも目覚めに繋がりそうですね。
jibunnは寝起きがすこぶる良いので、メロディだけの曲ですけどすぐに起きることが出来ますよ。
下手すると隣の部屋の目覚まし時計の音で起きるくらいですからね。
今度、すぐに起きられない人がいたら勧めてみようと思います。

物知り薬剤師のLさん

今日、物知り薬剤師のLさんから仕入れたネタ。
パニックになったときの深呼吸は逆効果!
大きな深呼吸をするとさらに過呼吸になってしまう。
そこでめまいを起こして卒倒してしまうことがある。
落ち着くためには深呼吸は良いそうですが、パニックになったときは浅い呼吸をするべき。
カフェインは脳を刺激するのでパニックになりやすい人は控えた方が良い。
ナッツを食べると大腸がん、結腸がんが低下すると言われている。
骨を強化するのはカシューナッツのビタミンK。
美肌はマカデミアナッツ。
むくみはカリウムが含まれているピスタチオ。
ナッツとピーナッツの違い。
ナッツは木になるものをさす
ピーナッツは地中にあるので正確にはナッツではなそうです。

シュールすぎる海外のゲーム

好きな人には申し訳ないですけど、私はゲームは嫌いです。
ゲームが好きという人も正直ちょっと好みではないですね。
そんな私だからこそ、嫌悪感を覚えるのかもしれないゲームがありました。
それは自殺をしたいという老人を止めるというゲームです。
なんともシュールな設定ですよね。
私は自殺を推奨するなんてことはありません。
でもその人の人生なのだから、決定権も本人にあると思いますよ。
まあ、デリケートな問題ではありあすね。
そんな設定でゲームをつくって売り出す神経が理解できません。
つくりもののゲームの世界では『死』が身近すぎてちょっと感覚が通常とは別のものになっているのかもとすら思いました。
日本のゲームではないのはうなずけました。

空中ディスプレイ

富士通が開発した『空中ディスプレイ』なるものがテレビで報道されているのを見ましたよ。
銀行のATMでの利用風景でした。
空中で浮かび上がって見えるだけではなく、操作も出来ます。
3Dディスプレイって凄いですね。
ATMの操作をするときに画面やボタンを押さなくても良いこの空中ディスプレイ。
ぜひ、いろいろなところでやって欲しいです。
必要だから触りますけど、操作あとって残っているものだし正直いってあまり触れたくないです。
実際に触れなくても良いので医療の現場での活用が期待されているそうです。
4Kとか映像の鮮明さなどの技術発展にはまったく興味がわきませんが、これには賛成です。
患者から医者への感染も防げるし安全対策は十分すぎるということはありませんからね。

犯罪者の家族

小学生の女児の死体遺棄で捕まったのは被害者が通う学校の保護者会の会長でした。
事件だって大きな衝撃だったのに、またも波紋を広げています。
会長だというだけではなく、犯人に娘さんがいたということもあります。
しかも同級生。
この娘さんはなんの罪もないのにこれからどうやって行きていけばいいのでしょうか。
自分にも娘がいるのにそんな犯行をするなんて信じられません。
息子だったらよいというわけではありません。
もし息子さんだったら、彼が大人になってから普通に結婚するのも難しいでしょう。
そして本人も父親に似てしまうのではないかという苦悩にもつながるでしょう。
暴力を受けた子供は暴力をふるう、または子供に暴力をしないように苦しむというのを聞いたことがあります。

ダッシュボタン

amazon開発のダッシュボタン、なるものを今日はじめて知りました。
指二本分くらいの小さなカウンターみたいなもので、その名の通りにボタンがついています。
そのボタンを押すだけで次の日に商品が届くものなんだとか。
テレビで見たのはファブリーズでしたね。
しかしそれってそんなに良いものですか?
ネットにつなぐ時間なんて数秒だし、時間なんてかかりません。
スマホがあるから手間なんてものはないですよね。
そんなに時間を短縮してどうするんだろうと疑問に思いました。
そもそも、ボタンを押すだけで注文ってリスクの方が大きいような気がします。
1人暮らしならともかく、ペットや小さい子供がいるうちだと何回も押されてしまいませんかね。(笑)

視方をかえると性質の問題かもしれない

南アフリカは他のアフリカよりも発展していて移民が多くなっています。
アフリカで移民排出デモで移民の人達がひらいている店を襲う。
地元の人の不満は仕事を奪われている。
それは、あるのかもしれません。
でも正直言ってそれが全てではないと思いますよ。
真面目に働いている人の割合はもしかすると移民の方が多いかもしれないじゃないですか。
地元の人の権利はあるけれど、結局は移民とか関係なくその人自身の資質に関わるんじゃないかなって思うからです。
とある外国で日本人を雇ってくれない時代もあったそうです。
それは何故かと言うと日本人はキッチリと働くので、そうしたくない人達にしたらうっとうしいから。
自分達もちゃんと働かなければならないから日本人は雇いたくない。
まあ、移民を多く受け入れていない私達に排出を訴える人を非難することもできませんけどね。