歩行者と車

信号のない横断歩道で歩行者がいるのに車が止まらないのは8割らしいですね。
でも自分が止まっても、反対車線の車が止まらなければ歩行者が渡り始めても危ない事になりますよ。
あとは何かの動画で車が止まって歩行者が歩き出したらその車を追い越して後ろから車が来て跳ね飛ばしたというのがありました。
そんなことってあります?
長い間運転をしているわけではありませんが、最近は前を走る車の動きが不振なことがけっこうあります。
中央線がないような道だったとしても完全に右側を走行している車が前にいたときには、ヤバい車かもしれないと怖かったですよ。
巻き込まれたらバイクのこっちが死にますからね。
あとは軽トラとかも変な動きをするので注意しています。

職業柄近づけるという理由

大手警備会社の人間がビルを巡回中に盗みを働いて逮捕されました。
こういう、職業柄近づけるという理由で犯行に及ぶのは最低最悪ですよ。
信用問題が第一なのに、こんなことをしたらこの会社はどうなるんでしょうかね。
窃盗があると関係者に疑いがもられるのでしょうが、本当に関係者から犯人が出るなんて。
医者が患者さんの診察とみせかけてわいせつな行為をしたというニュースだってあります。
自分の職業を逆手に取るのはひどいことであり許せません。
量刑だって、そういうところを考慮して重くするべきですよ。
職業上で知りえた情報を使って人を脅すというのも大罪です。
そもそも事件化したらすぐに怪しまれる立場なんだから、もっと警戒すればいいのに。

さまざまな種類のある野菜

今やさまざまな種類のある野菜。
有機野菜とか無農薬野菜とか、卸業者を遠さずに直接ネット販売などなどあります。
先日見ていたテレビでもそういうのがあって、ブロッコリーが嫌いな小さなお子さんが「おいしい!」と言って食べていました。
こだわった栽培方法で美味しくできるのでしょう。
でもスーパーで買う値段の数倍はしている野菜です。
お子さんが好き嫌いなく食べてくれるのはとても良いことだし喜ばしいことでしょうね。
しかし、そのお高い特別な野菜しか食べなくなったらどうするんだろうと考えてしまいました。
収入があって食費に余裕があるお宅ならともかく、そしてその子が大きくなってからもゆとりがあればいいけど。
そんな考えはちょっと意地悪ですかね。

別の乳酸菌が合う

「L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株)」
乳酸菌と呼ばれるモノは、開発されている商品の数だけあるそうです。
だからどの乳酸菌が、「自分の腸環境に合致するのか」は、他人にはわかりません。
腸内環境によって、合う乳酸菌、合わない乳酸菌があります。
評判になっていたり流行食になっていたとしても、自分には合わないこともある。
とある商品は駄目でしたね。
自分は・・別の乳酸菌が合うようでした。
こればかりは・・・色々摂ってみて、自分の腸に聞くしかありませんね。
けっこう高かったし、今後も摂取できて改善できればなんて夢を見ていたので非常に残念です。
自分になったものと出会える人がうらやましいです。
安価でサンプルを試せるものならいいんですけどね。

言葉は選ぶべき

自分を卑下するのって、したことがあるけれど冷静に考えたら一人でする分にはいいけど人に言うのはダメですね。
歳を取ってきがついたことでもあります。
先輩薬剤師Pさんが、「頭にきた!」と言っていたので聞いてみたところ・・・
年齢はかなり年上だけど勤続年数の関係で後輩にあたるUさんが、「出勤している人が多いから自分はいらないですよね」と言ったそうです。
いらないって・・・
そうですね、なんて言うわけないじゃないですか。
結局、そういうことを言われたら言われた方はフォローしないといけないことになります。
「そう言う言い方はやめましょうよ」と言っていたのを隣りで聞きました。
同じように「私なんて」って言葉も良くないですよね。

自業自得と思ってしまう

陽性となって外出しないように言われていたのに50代男性が
コロナ菌をお前たちにうつしてやると言い外食。
オーナーに相談したら危ないと警察に通報していたらその間に他の飲食店に移動。
同じ店にいた人は検査や外出を控えることになったし、検査の結果接客していない女性が感染されたようです。
これを知った人間はたいていはマイナスな気持ちを持つでしょう。
誰からにも好かれたいとは言わないけれど、知らない人にも憎まれるなんて嫌だと思うのになんでこんな人がいるんですかね。
暴行罪、感染させたら傷害罪、店の営業を妨害したので罪に問える。
そのお騒がせの男性が亡くなったと聞いて自業自得だとしか思えませんでした。
ガンを患っていたから自暴自棄だったとしても人に迷惑をかけてはいけません。

長生きする傾向

長寿菌が体のなかにある方が腸内環境が良くなって長生きする傾向にあるようです。
ああ。美容にもアトピーにも腸内環境が大切と聞きますからね。
その中で最近よく聞くのはヤーコンです。
ミネラル、ポリフェノールが豊富で近年注目されている食材です。
腸内細菌のあつまりのことを腸内フローラといいますがそっちに影響大!!
細菌のバランスが長寿と関係しているからです。
善玉菌と悪玉菌
バランスが崩れて悪玉菌が増えると全身の不調につながる恐れがあります。
ヤーコンの食物繊維は不溶性と水溶性のふたつともあって理想的です。
そんな便利な野菜があるんですね。
知らずに何回か食べていましたよ。
そしてオリゴ糖が便秘を防ぐってことらしいけど自分はそちらは大丈夫です。

パッケージだけじゃなかった!

会社のノベルティ商品みたいなのって罪ですね。
仕事の関係先からその企業で作った飴をいただきました。
オリジナルのもので購入するには本社?かどっかに行くしかないようなレベルのものを気に入ってしまいました。
美味しいんですよ!
伝統的なつくりをしている切り飴でクエン酸入りのものでした。
ひとふくろをあっという間に食べてしまいました。
なんとかもう一度食べたいと思ったけど、やはり現地には行けない。
で。製造元を検索してみたんです。
そしたらやはりホームページがある。
よし!と思ってみて見たら、自分が食べた味のものがありません。
味ですらオリジナル商品だったんですよ。
社名を入れたパッケージだけじゃなかったという衝撃に撃沈しました。

ペイシェントハラスメント

ペイシェントハラスメント、というのをご存知ですか?
略したらぺイハラ?ですかね。
ペイペイ関係のハラスメントかと思われそうですね。
モンスターペイシェントとも言われるこの言葉は医療従事者に自己中心的で理不尽な要求をする人のことです。
経験のある医者は半数っていうけど看護師は9割以上ではないかと思います。
医者はお医者様扱いをする人がいるけど、看護師を助手扱いをする偉そうな人って多いですからね。
医者の診断よりもネットを信じたり、薬が足りないとうったえるそうですが信じられないです。
その道のスペシャリストでもないのに、どうしてそんな態度がとれるのか。
ネットが普及して中途半端な知識を蓄えて思い上がるような人は迷惑ですね。

ちょっとした手助け

前からそんなに利用はしていませんが、マクドナルドにも行ってないですね。
最近のマックは店内にうろうろする店員さんがいておもてなしをしているってはじめて知りました。
空港にいるキャビンアテンダントみたいな恰好は、なんなんでしょうかね。
席まで運んでくれるくらいなら良いけど、いちいち何か聞かれたりするのはめんどくさいな。
そこまでしてくれなくてもいいよ。
それとも、「辛くないですか?」って聞いていたのはテレビ的にわざと聞いたのかもしれませんね?
前からテーブルを拭いていたりした時に、トレイをすすんで片してくれることはありました。
ちょっとした手助けなら良いかなと思いますが、その人がいるからってそのお店を利用しようとは思わないかな。