札幌アンダーソング

“札幌アンダーソング”小路幸也
読み終ってみてもタイトルと本編のつながりがさっぱりわかりません。
小路さんの本としては少し珍しいようなそうでもないようなあいまいな感想にしかならないです。
人が亡くなっているのにどうも解決という感じでもないですしね。
キャラクターが光ってはいるんです。
ただそのキャラクターもどこか曖昧で読者の想像に任せるというようなところが多くて、はっきりして欲しい自分としては消化不良で
す。
表紙の人物が主人公かと思ったら違い、次に先輩かと思い、そして先輩の友人かと思い、最終的にはそのあとに出てきた先輩の友人の
弟だったことに苦笑いです。
面白かったけどやきもきさせられたかな。
あとは恋愛要素も欲しかったです。