睡眠障害の専門家

薬を飲まなくても不眠症を克服する方法としては睡眠障害の専門家に診てもらうのが一番です。
そこで勧められる治療法は睡眠日誌です。
毎日の睡眠時とともに薬など、目覚めたときの気持ちなどを記入します。
夜中に起きた時間も記入
睡眠日誌をつけることによって客観的にみることができる
不眠症の人は睡眠に対する恐怖があるものです。
自分で睡眠の状態を把握していくことで眠れないということへの恐怖心を克服することができる。
アルコール、カフェイン、睡眠5時間前はやめる、無理に眠ろうとするのをやめる。
昼間に昼寝をしたくなったら30分ほど寝てみましょう。
30分を超えると深い睡眠になってしまう。
それも早い時間に昼寝をするのがポイントです。