シュールすぎる海外のゲーム

好きな人には申し訳ないですけど、私はゲームは嫌いです。
ゲームが好きという人も正直ちょっと好みではないですね。
そんな私だからこそ、嫌悪感を覚えるのかもしれないゲームがありました。
それは自殺をしたいという老人を止めるというゲームです。
なんともシュールな設定ですよね。
私は自殺を推奨するなんてことはありません。
でもその人の人生なのだから、決定権も本人にあると思いますよ。
まあ、デリケートな問題ではありあすね。
そんな設定でゲームをつくって売り出す神経が理解できません。
つくりもののゲームの世界では『死』が身近すぎてちょっと感覚が通常とは別のものになっているのかもとすら思いました。
日本のゲームではないのはうなずけました。

コメントは受け付けていません。