さまざまな種類のある野菜

今やさまざまな種類のある野菜。
有機野菜とか無農薬野菜とか、卸業者を遠さずに直接ネット販売などなどあります。
先日見ていたテレビでもそういうのがあって、ブロッコリーが嫌いな小さなお子さんが「おいしい!」と言って食べていました。
こだわった栽培方法で美味しくできるのでしょう。
でもスーパーで買う値段の数倍はしている野菜です。
お子さんが好き嫌いなく食べてくれるのはとても良いことだし喜ばしいことでしょうね。
しかし、そのお高い特別な野菜しか食べなくなったらどうするんだろうと考えてしまいました。
収入があって食費に余裕があるお宅ならともかく、そしてその子が大きくなってからもゆとりがあればいいけど。
そんな考えはちょっと意地悪ですかね。

コメントは受け付けていません。